« | »

imgBEAUJOLAIS2008

話題にするにはちと古いですが、今年も何種類か買いましたボジョレー。
昨夜、最後の一本を開けました。

:wine: J◎-◎しΨ☆Ψ(´┏∀┓` )ルネッサーンス :wine:

ボジョレーといえば、
数年前の当たり年のが本当においしかったのをまだ覚えています。

不思議ですよね。
同じ畑の、同じブドウの木から、同じ人たちが、同じように作るはずなのに
毎年違うものができあがる。

その年の、その土地の、気象や生態系や・・・
いろんな自然の条件が合わさってこそできる、まさに自然の賜物 :present: :kira:

この時期おいしい新米も、さんまも、栗も、きのこ類も・・・
同じように自然が我々にもたらしてくれる産物なのですね :chu:

この夏、halの夏休みの宿題のおつきあいで
ご近所の農家の方々にお会いする機会があったのですが、
ある方が

「できる野菜や果物が毎回毎回違うのは当たり前なんだよ」
「人間だってひとりひとり違うだろ?」

と。

深ィィ一言だと思いました :waan:

「商品」として売られている姿だけを見ていると、なかなか意識できないけど、
野菜も果物も「いきもの」なんですよね(当たり前のことなんだけどね)。

サンクスギビングデーのように皆が盛大に祝う感謝祭は日本にはないけれど、

地球にも、自然にも、もっと感謝しなくちゃいけないな・・・

そんなことを、毎年ボジョレーがお店に並ぶ頃になると、思うのです。


また来年の今頃、この空きビンに会えるのを楽しみに・・・ :niko:

Comments

Post Comment





Trackbacks

Trackback URL