« | »

imgワクチンの話。

毎年この時期になると、犬飼いのお宅に必ず届くものhouse.gif

・住んでいる市区町村から届く 「狂犬病予防注射のお知らせ」
・獣医さんから届く 「混合ワクチンと各種予防セットのお誘い」

初めて犬を飼ったとき、
「狂犬病注射」と「混合ワクチン」は毎年必ず受けるものと教わりました。
本にもそう書いてあるし、獣医さんもそうおっしゃってたし。

そういうものなんだ、それが犬飼いの義務なんだ、
と疑いもなく信じてました。

初めに疑問を感じたのは、初めて行った狂犬病の集団注射の時でした。

問診「熱ないですね?食欲ありますね?変わった所ありませんね?」
答え「ハイ、ハイ、ハイ」

はい、注射打ちます

お会計・タグ配布

へっ?恐ろしいといわれている病気の予防注射が、そんなんでいいの?
それが率直な感想でした。

だって、(人間の)子供の予防接種の時には、
ちゃんと熱測ったり、親のサインも必要だったり・・・したよね?

「毎年打つ必要がある/義務です」って書いてあったから
何も疑わずに接種してしまったけど・・・
打ってしまった後だけど・・・

この注射・・・ほんとに安全なの?

急に不安になってきて、そこにいた(多分市の)職員に聞いてみた。

「副作用は少ないワクチンですから大丈夫ですょ」

私「少ないってことは『ある』ってことですよね?」

「毎年何頭かは具合悪くなったり、中には死んじゃうケースもあるみたいですけどね」

もし人間の予防接種で死亡例が出たら、新聞一面モノでしょう?
全然「大丈夫」じゃないょー

しかもクスッてな感じであまりにもサラリと答えるので、
(そこ笑うとこじゃないでしょ)・・・不信感倍増ですょmmm.gif

「副作用が少ない」っていうのは、どの程度「少ない」のか?
「何頭か」って、一体何頭(何%)に副作用が出たのか?

そういうデータは持ち合わせてないし、公表もされてないと思う、といわれた。

その帰り道は、すごくイヤな気分でした。
何の疑いもなく接種を受けてしまったことを、とても後悔しました。

幸いその接種では何も副作用は起こらず、無事済んでホッとしたのですが、
これが私が
「狂犬病や混合ワクチンのことをちゃんと知っておかなくてはmemo.gif
と思ったきっかけでした。

長くなりそうなので、つづきます~paw.gif

ランキングに参加しています。1日1回ポチッとよろしく
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへにほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

Comments

Post Comment





Trackbacks

Trackbacks are closed.