« | »

imgバッチフラワーレメディー

昨日サンディーは雷苦手!という記事を書いたら、コメント、メール等の反響をいただいたので、もうちょっとひっぱってみます(笑)
とはいえ、私も勉強不足なのでさらっと概要のみですみません(^^;
bach-therapy1a.jpg
「バッチフラワーレメディー」は、英国のバッチ博士(1886-1936)によって生み出されたもので、野生の花や植物の抽出物を生活に取り入れることで、感情や精神のバランスを整えるというものです。
イギリスから始まり、現在世界中の人々や医療関係者にも広まっているそうです。

元々人間のために研究されたものなので、飼主さんも犬も使うことが出来ます。

全部で38種類の植物のレメディーがあって、それぞれが現在改善したいマイナスな状況の「指標」になっています。

問題を抱えた人(犬)をよく観察して、当てはまると思われるレメディーを選んで、経口で数滴飲んだり、トリートメントボトルを作ってスプレーしたり、マッサージに使ったりするそうです。
詳しくはココで↓

Bach Flower Councel

昨日ご紹介した「RESCUEレメディー」は、上の38レメディーの中から、

6 チェリープラム・・・コントロールを失う時
9 クレマチス・・・現実を忘れ上の空・不注意な時
18インパチェンス・・・イライラせかせかする時
26ロックローズ・・・強いパニック・恐怖に陥った時
29スターオブベツレヘム・・・肉体的・精神的なショックやトラウマ

の5種類を組み合わせて作られた、いわば「5in1」レメディーです。

もちろん、効く効かない・好き嫌い等、個人差はあると思いますが、
私の知り合いのイギリス人は「一家に一本、歯医者に行く時の必需品」と言ってました。
歯医者怖いのは万国共通らしい(笑)

バッチフラワーレメディーはネットでもいろんな所で買えるようです。
いわゆる「犬グッズ系ネットショップ」でも扱ってる所、結構多いです。

myDOG
GREENDOG

などなど。

あと、アロマ関連グッズを扱ってるお店でも結構置いてあります。
詳しいスタッフのいるお店だと、適したレメディーをカウンセリングして勧めてくれたり、
複数のレメディーをあわせて一つのトリートメントボトルを作ってくれたりします。

10mlの小さいビンで2000円ちょいくらいだったと思うので、
いきなりネットで買うのはちょっと冒険だなぁと思われる方は、お近くのアロマ関連のもの置いてるお店で相談してから買われることをオススメします。
サンプル見てから買えると安心ですしね。

38の植物の指標、花占いみたい(?)で読んでるだけでもおもしろいですょ。

先生に「サンディーくんニモくんのことを深く思い浮かべながら思いあたるレメディーをチェックしてみましょう」と言われて、頂いた「レメディー表」を開いてみると。

ニモ→
1アグリモニー・・・人懐っこくいつも陽気で快活、内心悩み苦しむ時もそれを見せない

しょっぱな1番ですか(笑)
そうか、ニモはああ見えて内心悩みでいっぱいだったのか(?)

とこんな感じで思い当たるものを
サンディー→○印、ニモ→チェック印で付けていったのですが、

見事にかぶりませんでした・・・

ほんとに違うんだね、このふたり・・・

Comments

Post Comment





Trackbacks

Trackbacks are closed.