« | »

imgつらい話

今朝、犬たちを順番に担いで駐車場に向かう途中、
マンションに住む小型犬のお母さんとバッタリ会いました。
特に親しいわけではないけれど、時々散歩中など道でお会いしてご挨拶してるので、
お互い犬を飼ってることは知っている間柄です。

m「おはようございます」

「これからお散歩ね?」

m「ハイ、すぐ雨降ってくるって言うんで、急いで行って来ようと思って(笑)
○○ちゃん(犬)は・・・(元気ですか?と聞こうとしたのですが)」

「あのコね、亡くなったの」

m「えっ?!だって、そんなにお年を召してましたっけ??」

「大きなワンちゃんに噛まれちゃってね」

m「え・・・?」

「まぁ、12歳まで生きたからね、十分生きたのょ。
12月の事だったから、何とかようやく落ち着いてきたところなの。」

m「12月・・・去年だったんですね・・・お辛かったでしょう・・・」

もっといい慰めの言葉があっただろうに、あまりのショックでそれ以上何も言えなかった。
それ以上詳しい状況など聞けるはずもなく、とにかく頭がマッシロで、
一体何と声をかけていいのか・・・言葉が見つからなかった。

ちょうどお仕事に向かわれる所で、お急ぎのようだったこともあるけど、
結局全く言葉足らずのままその場を去ることが、本当に心苦しかった。

今日は一日中このことばかり考えてました。

「大きいワンコに噛まれた」「死」・・・どうして???

その場の状況、因果関係・・・聞いたわけでもないのにいろんな事を想像してしまう。

「大きなワンちゃんに噛まれちゃって」という言葉がどうしても頭から離れない。

その一言が初めに口から出るということは、そのお母さんの心の中は、
「(直接的にしろ間接的にしろ)その事が原因で悲しいお別れにつながってしまった」
という思いで溢れているということ。

もし私がこのお母さんの立場だったら・・・
他のワンコ(&飼主さん)のこと・・・みんな信じられなくなってる気がするな・・・

そのお母さんは別れ際にニモの方を見て
「アナタはだいじょぶ・・・かな・・」と冗談半分で笑っておっしゃられたようではあったけど、
お母さんの笑顔の裏側、内心はものすごくフクザツな思いでおっしゃったのでは・・
などと、勝手に深読みしてしまう私がいました・・

犬の「咬む」ということに関して、今までもちょこっと書いたことありましたけど、
命を脅かすまでになってしまった今回の話は、同じ犬を飼うものとして、
本当にショッキングで、つらく・・・・

心で思ってることはたくさんあるのに、うまく言葉で表現することができずにいます。すみません。

Comments

Post Comment





Trackbacks

Trackbacks are closed.