« | »

img飼い犬に手を噛まれるの巻

ニモとディスクで遊んでたら、右手親指にガッツリヤツの歯が当ってしまいました。
「不慮の事故」ってヤツで、仕方ないです。

実は「親指ガッツリ@ニモ」はこれで3回目(笑)
ディスク2回(今回入れて)と、骨かじらせてる時1回。
どちらもトランス状態ですね。私がトロイという指摘はナシで。(笑)

ガツッと当るだけなので、傷はちょっと剥ける位でその時は「大したことないやー」って思うんですょ。
しかしこれが時間が経つごとに痛みが増して親指がグワングワンいってくる。
ハッと気づいたときには周りがボワーンと紫アザになってる。

うわっ何コレって。過去2回ともそんなパターンでした。軽い打撲なんでしょうね。
今回も今頃になって色が変わって、しびれてきてます。犬の歯恐るべしです。

遊びの中で何気なく当っただけでこの破壊力ですから、咬もうと思って咬んだらどんなことになるか。
つい犬の十戒の一文が脳裏をよぎります。

Remember before you hit me
that I have teeth that could easily crush the bones of your hand
but that I choose not to bite you.

私を叩く前に思い出して下さい
私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど
私は貴方を噛まないように決めている事を。

犬と遊んでいて歯が当ってこちらがケガをすることって決して皆無ではないですよね。
私もニモにガッツリやられることこれで3回目(笑)ですが、その度思うのは
なんて人間(の皮膚や骨)って弱っちぃんだろうってことと、
犬たちに「人間を咬まないこと/咬む加減を知ること」を小さい頃から教えてやることは
やっぱり大事なことだよねってこと。

サンディーにもニモにも、強く咬んではいけないと教えてきたつもりです。
教えてなかったら今頃私の右手の親指はついてないと思われます・・・(||^^;)

ニモはいつもはオチャラケに見えますが(実際もそうなんですが)
言われたことは守らなくちゃみたいな、ときどき○○がつくほどマジメっ子になることがあって、
ビックリすることがあります。
その割に大事な時にマテなかったりするんですけど。

今回もただ歯が当っただけ、誰も何も言わないのに、ニモ的にはショックだったらしく、
走って自主ハウス・・・しばらくの間不憫なくらいシュンとしてました。
数分後にはすっかり忘れてブンブンシッポふって出てきましたけど・・・(–;)

ほんと、犬って、憎めないカワイイヤツラです。
ちょっと親指イタイけど、許すぞよ。

Comments

Post Comment





Trackbacks

Trackbacks are closed.