« | »

img地震対策

最近アチコチで大き目の地震が頻発している。
東京でもつい先日震度4が来たけど、いつまた震度5、6クラスのデカイやつが
来るかわからないと思うと、ノウテンキな私もさすがに何か備えをしとかなくてはと・・考えてみた。


我が家はよくキャンプへ行くので、物置にはいわゆる「アウトドアグッズ一式」がいつも常備されてます。

テント・タープ、火元(コンロ、ガスボンベ、炭一式)、食器・調理用具、水、簡単な食料、寝袋、
テーブルイス類、クーラーボックス(3個)、ランタン・懐中電灯などの小型照明、ロープ・・・などなど

物置を完全に占領しているこれらのグッズ、いつもはジャマでしょうがないんですが(笑)
数日間移動生活するためのモノですし、何かあった時には役立ってくれそうです。

さて。あと考えてやらなければいけないのは犬たちのことです。

まずゴハン。電気が来なくなったら冷凍庫・冷蔵庫の生モノは食べられなくなるわけで・・
「ドッグフード」は性質的にあまり「買い置き」をしたいモノではありませんが、
しばらくの間ふたりが食べられる位のフードは、常備しとく必要はありますね。

「長持ちするけどナチュラル」なんて夢のようなフード、ないですかねぇ(笑)
何事もなかった場合は、賞味期限切れる頃にまとめて食べさせられるんだろうな、
私が小さい頃、カンパンとか魚の缶詰食べさせられたのと同じように!(^m^)

あと、犬関連で毎日使うモノ。
首輪・リード、ゴハン皿、おもちゃ、お手入れ用品、トイレ用品とか。

毎日使っているものだから、当然いつもはそれぞれ使いやすいところに置いてあるけど、
実際問題、自分たちのことだけでいつぱいいっぱいな災害時・緊急時に、
アチコチに点在するワンコグッズをもれなく持ち出すなんて絶対不可能だと思う。
いつも使っているものとは別に一式揃えて「セット」を作っておいた方がいいかも。

また、神戸や新潟の被災者の体験談によると、ペットたちも人間同様パニックになるし、
非難後の異環境での生活でのストレスも相当なものだったとか。
TV番組で見たのですが、
ガムなどの長時間噛める物や、オヤツ、おもちゃ、使い慣れたタオル・ケージ、
ストレスリリーフに効果のある香り(オイル、スプレーなど)
など、ストレスを軽減できそうなモノがあると、とても助かるそうで・・なるほどです。

さて実際ワンコ用グッズいろいろを詰めてみたら・・・リュック1個にまとめようと思ったのに、とんでもない。
デカイリュック2個分になりました(汗)サンディー・ニモ、ひとりひとつずつ背負うように!!

bags.JPG bagn.JPG オレたち、おやつだけなら持ってもいいょ♪

この子たちが背負えるのは
このお子ちゃまリュックが限界でした・・。

ワンコグッズだけじゃありません、さきほどの莫大な備蓄品の数々・・・
もし建物非難勧告(命令)が出た場合、一体誰がどうやって運び出すんでしょう?

すぐ運び出せなくては意味がない防災・非難グッズ。
一通り揃っちゃってるので、すっかり安心しきってましたが、
ワンコグッズを実際詰めてみて実感しました・・・
非難グッズをわかりやすく収納しておくとか、家族それぞれの持ち出し分担を決めるとか、
そういった一番大事な「詰めの作業」を忘れていたことを!!週末は家族会議だっ

COLEMAN
キャンプグッズ老舗ブランドのコチラのサイトにも
「キャンプ用品を災害時に生かす」という記事が載ってました。ご参考まで☆

Comments

Post Comment





Trackbacks

Trackbacks are closed.