« | »

img電車男

halの夏休みの社会の宿題で、「東京探検」という課題があります。
こういう宿題って結局は親も参加せざるをえないわけで・・
とにかく、東京の何かをとりあげて調べて、まとめる課題らしい。

「東京の電車」をテーマにすると決めたhal。
神田の交通博物館はキッズ連れでごったがえしているだろうとふんだ母。
今まで一度も行った事ない地下鉄博物館に行ってみることにしました。


地下鉄博物館、思ったよりいろんな展示やアトラクションがあって、結構楽しめました。
親子ふたり、半日ドップリ「地下鉄な世界」に浸ってきました。

運転シミュレーターなんて、交通博物館のは混んでてなかなか順番が回ってこないけど、
ココは比較的すいてるので気の済むまで何度もトライできて、よかったです。
パソコンのクイズや指令センターの模擬体験などもできるようになっていて、
一緒に行った私まで、かなり東京の地下鉄通になれたというオマケつきでした(笑)

CIMG1413s.jpg ueno.jpg (左)日本初の地下鉄が銀座線だったって知ってました?
オリジナルはこんな黄色いヤツだったんですね。
今の銀座線より全然ポップで
かわいいじゃないですか☆

(右)開設当時の上野駅
「うへの」・・(爆)

halは小さい頃から「交通関連」大好きっ子でした。

普通、乗物好きのキッズなら、「機関車トーマス」「プラレール」とかにハマりそうなものを、
興味を示すのはなぜか「ホンモノ」の方だったんです。
トーマス・プラレール関連のオモチャ、あちこちからいろいろ頂いたんですが、
結局ハマったのは、リアルな山手線とか京王線とかの通勤電車ラインだったりして・・・
日に日に電車に詳しくなっていく我が子を見て、
このまま「電車オタク」になっていくんじゃないかと、父母揃ってそりゃ心配したものです。

「電車オタク」といって思い浮かぶのは、こんな感じでしょうか。

1.駅でなりふり構わず電車の写真をパシャパシャ撮りまくる人。
2.自分が運転手・車掌さんになりきっちゃってる人。
3.スゴイ電車模型を構築して、それを一日中でもいじってる人。

2.が、一番危険と思われます。
電車1両目の一番前、運転室のガラス付近によく出没しては、
突然大きな声で「場内・進行~」とか叫んだり、おもむろに指差し確認をしちゃったり、
他の乗客のことは全く眼中になく「バーチャル運転業務」の世界にいってしまっていると思われる、
かなーり怖・怪しいオタクさん。
何度か実際遭遇したことあるんですが、そりゃ怖い。ぷぷとか笑おうものなら刺されそうで(爆)

でですね、halと一緒に電車に乗るとですね・・・やはり一番前に行きたがるのですょ・・・(||–;)
いわく、運転室のガラスごしは、いろんなモノが見られてワクワクするらしい。

そうやっていつも運転手さんをよく観察してるせいか、地下鉄博物館でやった運転シミュレータ、
ハンドル・マスコンさばきが妙に上手だったりする。
横で操作補助してくれるおじさん(運転手OBなんですかね)も、「お、コイツやるな!」と思ったのか、
そりゃ親切丁寧にいろいろ教えてくれて。

hal・・・やっぱりアナタ、電車オタク予備軍?ヤバイよヤバイよー!!
これを機にHNも「hal」から「電車男」に変更かー?!

今日の覚え書き:オタクってどう思いますか?の中で
管理人のもそさんは次のようにオタク・非オタクを定義されています。

○服装はまぁまとも
○挙動不審ではない
○自分の得意な話題にだけ固執しない
○今、一般的に知られているネタは押さえている

この辺りを押さえていれば、結構なヲタでも、イタタな扱いは受けないと思うんですけど、どんなもんでしょうかねぇ。

結局のところ、TPOに応じる力さえあれば、オタクではなく”知識のある人間”として扱ってもらえるのではないかと。
見た目をある程度のレベルに保つのも、場の空気を読んで得意な話題に固執しないのも、周囲の人間に違和感を与えないようにする気遣いができるかどうかと言う点に集約されていて、それができずに突っ走ってしまうと、いつでもどこでも”オタク”キャラ扱いされるような気がします。
バランス感覚に全てがかかっているというか。
物知りとおたくの違いなんて紙一重で、その程度のもんだと思います。

まったく的を得たご意見だと思います。
2番目(挙動不審)についてはちょっと微妙ですが、他はクリアかな@hal。

子供って好きなことに浸ってる時、すごく輝いてるんですよねー。
私は、何かに熱中して「物知りさん」になることはスバラシイことだと思ってます。
もそさんの言われてる通り、そのことだけに固執してまわりが見えなくなることさえなければ、ね。

今のところ、電車と同じくらい、野球を愛し、お笑いを愛し、
ついでに自らもつまんないギャグ・小ネタをマジメに考え、飛ばす(笑)
明るく健全な少年だと思われます。

我が家の電車男halよ!何にしろどーせ極めるなら「オタク」じゃなく「ハカセ」を目指すべし!

Comments

Post Comment





Trackbacks

Trackbacks are closed.