« | »

img口腔外科

halの受診日。M市の市立病院へ行く。


halの一件から、「口腔外科」という科があることを初めて知った。
ケガ以来、何度かここの病院の口腔外科外来に通っているのだが、
待合室にはいつも患者さんがたくさん座って待っている。
歯科以外の、口・顎に関する治療を必要としている人がこんなにいることも、初めて知った。

いわゆる「顎関節症」の患者さんは年々増えているらしい。
halのように、外因的な衝撃等から生じた場合のほかにも、
永久歯の生え変わりがスムーズにいかずに顎にまで影響が及んでしまったケース、
年齢とともにズレ・ゆがみが生じたケース・・・いろいろあるんだそうだ。

halは、骨折によって顎にズレが生じないように、事故後ずっと上下の歯を固定しているが、
骨折が治った後、見た目わからなくても、コンマ・・の顎関節のズレが生じるのは避けられないそうだ。
それがもしかしたら後遺症(顎関節症)として残る可能性がある。

事故当日、この生々しい話を聞いて思わず血の気がひいてしまったのだが、
今日であれからちょうど2週間。先生には「これからの話」をより詳しくしていただいた。

・最悪のケースを考え出したらキリがないこと。
・halの場合、ほとんどの歯がこれから永久歯に生え変わるため、かみ合わせや顎骨格は
 どんどん変わっていく。それでうまい具合に整合性がとれていくかもしれないこと。
・顎関節症に関しては、現在だいぶ治療方法も進歩していること。
・・・一応これらは明るい材料ではあった。

とにかく今できることは毎日「固定」を続けて、いい方にいってくれるよう祈ることしかない。
もうしばらくがんばろぅ。

Comments

Post Comment





Trackbacks

Trackbacks are closed.