« | »

img日々是実験

halのケガ以来、この3通りのメニューを用意しなくてはいけなくなった。
①大人(私・halパパ)用②hal用③犬用


halは、しばらくは顎を使わない様に「噛まなくても飲み込める」食事をするよう言われている。
噛まずに・・・まず連想できるのは、初期離乳食や介護食状のモノだった。
でも育ち盛りのhalには、それでは栄養面で足りないだろう、どうにか工夫しなくては。

ケガから数日間は、「どーするゴチャゴチャ」な頭のまま買物へ行き、台所に立った。
食事の度に①~③全てを作るのに莫大な時間と労力を費やした。
しかもできあがる料理はどれもイマイチ。
あまりの自分の手際・要領の悪さに思わずイライラ・・・。

でも今日でちょうど1週間、だいぶ食事作りが早く、ラクになった気がする。
とりあえず、大人の通常メニューの食材で②③のメニューが浮かぶようになればしめたもの。

食事作りって、何度か試行錯誤して「感覚」みたいなものをつかむしかない。
この試行錯誤の過程というのが、なかなか一朝一夕には行かず、じれったい。
でもイライラしつつも「次はこうしたらうまくいくかな?」と考えるのは、意外と楽しかったりする。
予想→実験→観察→結果・・・ちょっと理科の実験っぽい。

halが赤ちゃんの頃離乳食を始めたときや犬の食事を作り始めたときだってわからないことだらけで、
なかなか思うように行かなくて、それはそれは悩み苦しんだ(オーバー?)はずなんだけど、
今思えば実は結構楽しんでいた・・ような気もしてきた・・・

料理は日々悩み喜びの連続。
これからも我が家ではいろいろな「実験」が繰り広げられることでしょう。
あ、ちゃんと食べられるおいしい料理作ってますから、念のため。

Comments

Post Comment





Trackbacks

Trackbacks are closed.